【ご購入】 氏名と送り先住所を明記の上、頒価と送料を添えて下記にお振り込みください
郵便振替:00970-6-111174 国際シンポジウム日本事務局(出版部)

出版物に関するお問い合せ



第5回 日本(京都)大会 「プログラム」と「論文集」セット(論文集は日本語、韓国語、中国語別冊)
    一セット 1,500円(送料込み) ※「論文集」は言語(日・中・韓)を指定してください


第6回 麗水大会 論文集(日、韓、中の合冊)
    一部  2,000円(送料込み)

岩波新書『中国人強制連行』 杉原 達:著
2002年5月発行 740円+税
第二次大戦中、日本政府によって強制連行された中国人は日本国内だけでも135か所の事業場にわたる。それはどのようにして行われたのか? 日常の暮らしの中から暴力的に引き離された強制連行を綿密な聞きとり調査や現場探訪によって描きだし、これが決して過去のことではなく現在進行形の問題であることを説き明かす。

※事務局では税込み1冊700円で扱っておりますが、送料を加算すると定価(740円+税)を超えます。 お近くの書店でお求めください


白色テロル
日本と台湾、アジア戦後史の闇―五〇年代に迫る

序にかえて  杉原達
国際シンポジウム「東アジアの冷戦と国家テロリズム」への提言  徐勝
台湾民衆運動の足跡をたどって  徐勝
台湾五〇年代白色恐怖―意義と実態  林書揚
「五〇年代白色テロル」真相究明の動き
「ポスト冷戦時代」の虚像―冷戦下の台湾と日本  徐桂国
年表

1996年11月発行
A5版、144頁
頒価 1,000円
送料   240円

ページのトップへ

東アジアの冷戦と国家テロリズム―台湾シンポジウム報告集 在庫がありません

【おもな執筆者】
林書揚、井上清、姜萬吉、金城睦、徐勝、徐仲錫、王春生、林哲、浦崎成子、田村紀之、劉進慶、李清潭、水野直樹、朴元淳、陳明忠、王暁波、川満信一ほか
1997年11月発行
A5版、約300頁
頒価 1,800円
送料   310円
※品切れ

ページのトップへ




1998年4月発行
A5版、約150頁
頒価 1,000円
送料   240円

※品切れ
東アジアの冷戦と済州島4・3事件 白色テロル第2集 在庫がありません

序にかえて―済州島4・3事件と私たち  藤永壮
第1部 済州島4・3事件
  4・3真相究明運動の展望と課題  姜太権
  私の小説の母胎は4・3抗争  玄基栄
  龍岡村の人びとの恨と怒  韓林花
[資料]済州道議会・済州道の立場
  4・3の概要  済州道議会4・3特別委員会
  「4・3」48周年を迎えて  道知事記者懇談会発表文
  国会4・3特別委員会構成に関する請願
[文献案内]済州島4・3事件を知るための文献案内
第2部 「東アジアの冷戦と国家テロリズム」台湾シンポジウム報告集会
      ――東アジアの冷戦と戦後補償を考える――
  1997年台湾シンポジウムから、1998年済州島シンポジウムへ  松田京子
  現代史における軍隊「慰安婦」問題―公娼制からキーセン観光まで  宋連玉
  冷戦構造と中国人強制連行  猪八戒
  50年代国家テロルの歴史的背景  松沢哲成
済州島4・3事件関連年表

ページのトップへ

済州島シンポジウム報告集

ごあいさつ  吉岡数子
総論  藤永 壯
1998年済州島シンポジウム日程表
メッセージ・特別招請講演
主題1:東アジア冷戦と民衆
  沖縄の反基地闘争と東アジアの平和創造  新崎盛暉
  台湾白色テロルから見た日米の対中国戦略  林書揚
  林書揚論文に対するコメント  劉進慶
  アメリカの朝鮮半島戦略と朝鮮の分断―4・3抗争を中心に  姜禎求
  日米軍事同盟の変質・強化とアジア  浅井基文
  浅井基文論文に対するコメント  李三星
主題2:冷戦体制暴力と東アジアの女性
小主題1 暴力と女性
  帝国主義と性暴力  藤目ゆき
  国家暴力と女性体験―済州4・3を中心に  金成禮
  女性に対する日常的暴力と人権  竹下小夜子
小主題2 冷戦体制と女性・事例報告
  台湾白色テロルと女性  馮守娥
  戦争と米軍政下の沖縄―歴史に翻弄された女性たち  新垣安子
  5月民衆抗争と女性の参加  安聖禮
  4・3を通じて見る女性の人権侵害事例  呉金淑
主題3:冷戦体制下、良民虐殺・弾圧の実状
  済州4・3良民虐殺事件  梁祚勲
  麗順事件の回顧  金鶏有
  光州民衆抗争と5月運動  鄭根埴
  台湾少数民族の民族解放運動  ワタン・タンガ(林昭明)
  白色テロル政治下の台湾政治犯  呉■培〔■は「樹」の「きへん」を「さんずい」に替えた字〕
  私の証言「50年代白色テロル」  厳秀峰
  冷戦下、民族教育権擁護闘争としての阪神教育闘争の経験  申仁弘
主題4:東アジア平和人権運動の連帯と展望
  東アジアの平和と人権のための連帯  梁明洙
分科会報告
  「女性と暴力」分科会  宋連玉
  「政治受難者連帯」分科会  服部良一
  「労働人権」分科会  江夏五郎
  「日帝の過去清算」分科  川瀬俊治
  「文芸と映像」分科  高良勉・陳映真
各事務局アピール・21世紀東アジア平和憲章
金石範「記念講演」
済州島シンポジウム参加感想文



1999年4月発行
A5版、360頁
頒価 2,000円
送料   310円

ページのトップへ




2000年4月発行
35分
頒価 2,000円
送料   220円
5・18記念財団制作
ビデオ「光州民衆抗争」日本語版

光州民衆抗争記念事業の推進母体である、光州市の5・18記念財団が制作した、抗争の経過を伝える貴重な映像記録です。
学校・職場などでの学習資料として、ぜひご活用下さい。

ページのトップへ

光州民衆抗争20周年・朝鮮戦争50周年記念 第4回東アジア国際シンポジウム資料集
光州民衆抗争 光州の復活─冷戦と分断の克服へ

ご序文─光州民衆抗争の相対化・歴史化のために  徐勝
5月23日、ソウルに届いた光州レポート─全斗煥の光州殺戮作戦 朝鮮大学民主闘争委員会
引き裂かれた旗  ある目撃者の証言
自由光州の制圧に想う  和田春樹
われわれは光州民衆とともに生き ともに歩むのか  武藤一羊
光州復活─今日的課題  鄭根埴
添付資料 光州シンポジウム「アピール」「プログラム」
光州事件参考文献
光州民衆抗争関連年表



2000年4月発行
A5版
頒価   800円
送料   200円
※5冊以上無料

ページのトップへ




2000年9月発行
A5版、294頁
頒価 1,500円
送料   310円
日米の冷戦政策と東アジアの平和・人権
沖縄シンポジウム報告集

まえがき  高良鉄美
歓迎の辞  金城睦
ごあいさつ  井上清
記念講演「基地のない平和な沖縄を目指して」  大田昌秀
プログラム
セッション1 総論:東アジアの冷戦体制を超えて
  東アジアにおける日本・朝鮮・沖縄―軍事化の1955年を中心に―  我部政明
  東アジアの経済危機と人権  朴恩弘
  台湾現代史新詮  陳映真
  「ポスト冷戦」言説と日本型歴史改鼠主義―民主主義をめぐる人権と主権と覇権の相克― 梶村太一郎
  1980年光州抗争と韓国現代史の転換  安秉旭
セッション2 東アジア冷戦体制の構造と日本
  天皇制と東アジア  安仁屋政昭
  台湾におけるアメリカの50年―民族の「分離と対峙」を画策した歴史―  曽健民
  米国主導の東アジア同盟秩序と朝鮮半島の平和―軍事同盟強化による勢力均衡論を越えてアジア的展望へ―  李三星
  戦争・国家権力と性暴力  石田米子
  日清戦争と沖縄への「大国化」への道/東アジア冷戦下の沖縄と台湾  又吉盛清
セッション3 冷戦下、東アジア民衆の受難と闘い(I)
  50年代沖縄の反米闘争  国場幸太郎
  アイヌ民族の歴史と文化  貝澤耕一
  駐韓米軍犯罪と女性  鄭柚鎮
  1948年在日朝鮮人たちの4・24阪神教育闘争  金慶海
  台湾少数民族闘争史  阿勒・路索拉門(胡徳夫)
セッション4 冷戦下、東アジア民衆の受難と闘い(II)
  朝鮮戦争の捕虜問題  町田忠昭
  基地・軍隊と沖縄の女性運動―長期軍隊駐留下における構造的暴力と女性―  高里鈴代
  沖縄の米軍基地と環境破壊  宇井純
  戦争と性産業―台湾拓殖株式会社档案を中心とした考察―  朱徳蘭
  良心を守って―私の場合―  姜勇州
参加者共同声明
年表

ページのトップへ

朝鮮半島の新ミレニアム―分断時代の神話を超えて

李泳禧著/徐勝監訳  南裕恵・広瀬貴子訳 社会評論社発行
四六判 320頁 定価2000円+税
事務局出版部への申し込みは1800円(税抜き)+送料。なお10冊以上後購入の方には、送料無料
ご購入は送料を添えて、下記に振り込んでいただくか、こちらまでご連絡下さい。
郵便振替:00970-6-111174 国際シンポジウム日本事務局(出版部)

韓国と北朝鮮は平和の時代を創れるのか? そして日本は?
南北首脳会議の実現で、民族統一にむけて新たな時代を切り拓いた韓国と北朝鮮。
朝鮮戦争以後、半世紀にわたる南と北の偶像と神話を超えて、人間らしい生が具現される新たな民族共同体の形成として統一を展望する韓国知識人の最新評論集

ページのトップへ