写真パネル展『無言の幽谷』
日本軍が原住民を「討伐」したときの写真など。最近偶然に発見された写真集(武勲を讃えるために当時日本軍によって作製されたもの)を基にしている。
パネル展は、原住民族の「自覚自立」をめざす広範な教育、動員活動をの一環として、02年8月15日(日本敗戦日)から10月25日(台湾の光復節)にかけて、当時の日本軍の侵攻ルートに沿って、20カ所に及ぶ原住民部落で開催された。
パネルに使われた写真の数々は同時に「写真集」として復刊され、映像にも収められた(この映像は02年10月25日にテレビ放映された)。