【飛魚雲豹音楽工団】は原住民族解放運動に奉仕するために生まれた。
1999年9月21日、台湾を襲った大地震によって、原住民部落は壊滅的な打撃を受けた。政府の復興対象は主に都市部被災地域に集中し、原住民部落は見捨てられた。原住民は“自力自救”に立ち上がった。
11月、被災部落を救援するために、「部落音楽会」が開かれた。そして【飛魚雲豹音楽工団】が誕生した。
彼らは自身で「簡易録音室」を作り、『黒暗之心』と題する一連のCDを製作し、街角で販売している。音楽上で得たお金は音楽工団自身の必要とする出費以外、すべては原住民族運動に還元される。彼らは音楽活動以外に、常に原住民の闘いの場に身を置いている。

【飛魚雲豹音楽工団】の音楽は原住民族の悠久の生命と歴史の深層に向かいながら、いま台湾原住民族の復権と自治を求めて立ち上がった人々と共にある。
日本による台湾植民地の下で、台湾の原住民族は「理蕃政策」の名のもと、過酷な収奪と抑圧に晒され、生活の糧すべてが奪われていった。激しい抵抗は日本軍の強大な武力と卑劣な“騙し討ち”の前に潰(つい)えた。こうして“生死与奪権”を握った日本は次に彼らの民族的言語、文化、価値観・・・すべてを奪い尽くし、彼らを天皇の“臣民”としての生死を強いる「同化−皇民化政策」を強力に推し進めた。
日本の敗戦―植民地支配の終焉は、決して原住民族の解放を意味してはいなかった。台湾にやってきた国民党政権は、日本植民地時代の「理蕃政策」を踏襲し、原住民族を抑圧し続けた。「民主的勢力」を標榜し、新たに成立した民進党政権もまた同じであった。
【飛魚雲豹音楽工団】の音楽は今、巷(ちまた)で“流行”している原住民音楽に比べ、部落に継承されていた音声素地により近づいたものである。「音楽」=それが初めてできた社会にあってはある種の天賦であり、言語であり、文化であった。それは時として、自然と共にある彼らの生活の響きであり、民族の存在と誇りを歌う賛歌であり、また時としては強勢民族、抑圧勢力に虐げられた痛苦の呻き、そして、それに抗する猛々しい雄叫びでもあった。
数百年に及ぶ台湾原住民族の叛逆と抗争の文化は歴史の記憶として蓄積されていった。今日、台湾原住民族が強大な植民勢力に直面しているとき、その音楽は奪われた民族の魂を復権し、自己を啓発し、民族の苦難と抵抗を継承する為の媒介であり、武器となる。 
近代資本主義の拡張は、辺境、弱小、非主流民族への収奪、そして彼らの抵抗に対する抑圧によって成し遂げられた。彼らの青春の命は弾圧され続けてきた。辛うじて生き残った者たちは唯一音楽を通じて心の悲痛と苦悩を解き放つ。そして自我を目覚めさせ、再び立ち上がる。【飛魚雲豹音楽工団】の作品の数々はこうして編み出された。
【飛魚雲豹音楽工団】が奏でる音色と旋律は、今まで私たちが触れたことのない新鮮さと感動を呼びおこす。それはただ“聞く”という次元を超越した、強靱な大気の振動、沈重な魂の響きとなって私たちの心に染み入り、やがて“鉛の固まり”となって私たちの心の奥底に沈む。それは強大な植民者によっても決して消し去ることのできない彼らの魂と情感を伝え続ける。それは一方では台湾という島における最も深い祖先たちの声であり、また一方では繊細にして強靱な大気の振動となって、政治、経済と文化のグローバル化の波に晒される原住民族の独立と不屈の実体を明らかにする。彼らの音楽を借りて共振し続ける大気の振動は、不断に私たちの心に幾重にも取り付く主流意識――文化、政治、経済を根底から揺さぶり続ける。